千葉県釣りの旅

房総釣り場の紹介

2018.11.14 3度目の栗山川釣行

 今回3度目となる栗山川へ行ってきました。川といっても河口が近いので対象魚は海の魚。たまにユゴイやマルタ(ユコイにいているがひげがない)がたまに釣れる場合がありますが、ほとんど海の魚です。汽水域では海水の方が比重があるので底近くが海水、表面近くが真水となりますが、潮が下がっている時はコイなどの淡水魚が姿を現します。逆に潮が上がり始めると海の水と一緒にセイゴや黒鯛、フグ、メッキ(平アジの子供)などが上がってきます。ただし、ボラやセイゴは真水に対する耐性が強いので海に出ない居つきのものもいます。 また、海の魚は水温が下がってくると群れで行動するパターンが多くなり、とくにセイゴは水温が下がり始めると数釣りのチャンスになります。栗山川は作田川と同じように自宅から1時間かからない場所なので手軽に行けます。現在、半日の仕事が多いので行こうと思えば毎日行くことも可能です。一の宮のセイゴ名人の気持ちがよくわかります。今回も女房からセイゴをあげたい人がいるとのことで、小さくてもリリースしないでもって帰ってきてくれと言われたので、片貝作田川にも帰りに寄ることにしました。 いつものように橋の上の常夜灯が点き始めた5時に釣りを開始します。何回か投げてアタリがありませんでしたが、時間がたてば必ず釣れると確信して投げ続そしてようやく最初のセイゴがヒットします。昨日よりも明らかにアタリが少ないです。しかし、6時近くになると連続4匹ヒット。やはり改良した仕掛けは違うなと思いました。ところが、この後、アタリはあるのですがヒットしません。おかしいと思いながら投げ続けましたがヒットしないので、仕掛けをよく見るとがん玉3Bが二つとも外れていました。あわてて車に戻り、がん玉を付けます。すると、ようやくコンスタントに釣れ始めました。7時半を過ぎた頃から気温がぐっと下がり手袋をつけないときつくなりました。昨日は汗をかくほどだったのにえらい違いです。耳も冷たくなりフードや耳当てを持ってこなかったことを後悔しました。あとで車の外気温形を見ると8度でした。もう完全に冬の釣りです。午後8時、寒いので終了。片貝へ向かいます。片貝の方が風がなく温かく感じます。竿と餌とバケツだけをもって釣り場に入ります。すっるといきなりヒット。連続5匹ゲットです。その後、アタリが遠くなってポイントを変えてみますがアタリなく最初の場所に帰って6匹追加で、9時終了。栗山川と合わせてセイゴ33匹、チンチン2匹釣果。まずまずの釣果でした。

栗山川の釣果です。セイゴ22匹、チンチン2匹。
DSCF3677.jpg
片貝作田川九十九里橋へ移動しました。
DSCF3679.jpg
平日とあってだれもいません。
DSCF3680.jpg
いきなり連続で5匹釣れました。
DSCF3681.jpg
だいぶ大きくなりました。これならば片貝でも十分もって帰れます。
DSCF3682.jpg
作田川での釣果は11匹。平均サイズも上がってきました。
DSCF3683.jpg
  1. 2018/11/15(木) 08:11:51|
  2. 釣り
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

千葉県釣りの旅

Author:千葉県釣りの旅
最近釣りを始めたけれども、全く釣れないという人に、すこしでも参考になればと、ブログを始めました。釣れる釣りを目指して頑張りますのでよろしくお願いします。

 佐倉市在住、出身は横浜、釣り歴35年。未だに初心者のような釣りをしています。

最新記事

釣果報告

週末の釣果やお得な情報があったらコメントから送っていただくとありがたいです。また、質問、意見等もOKです。コメントは記事の最後の拍手をクリックして送れます。

最新コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

潮見表