千葉県釣りの旅

房総釣り場の紹介

※今年のイシモチ、アジの不調について

 10月が終わってイシモチもシーズンオフに入りますが、昨年のような大原イシモチ大爆釣があるのか現時点ではわかりません。外房のイシモチは5月のゴールデンウィーク頃から始まり10月いっぱいで終わります。6月は例年、今年生まれた小さなイシモチしか釣れないパターンがあり、7月~8月の熱い季節にようやくピークを迎えます。9月に入るとフグが出始め釣りづらくなっていきます。さらに水温の関係か10月に入ると北の銚子方面、南の大原方面しか釣れなくなってきます。ところが今年は記録的な猛暑に見舞われ水温が上がり、群れが小さくなり大釣りができなくなっていました。(イシモチは水温が低い方が群れが大きくなる傾向があります。)8月後半からは台風の影響で海が荒れることが多く、イシモチが浅場に寄るることがあまりありませんでした。この傾向は9月も続き、潮回りや濁り、波の高さ等のタイミングの良い一部の釣り場だけが釣果を得ていました。10月に入っても台風の影響で相変わらず波が高く、一の宮の一松海岸へ何度も行きましたが、毎回、波が高くて釣りになりませんでした。今年は異常気象の年とも言え、来年こそは普通の状態に戻ってほしいと思います。
一松海岸 唯一、数が釣れているとの情報がありましたが、毎回こんな状態で釣りになりません。
DSCF3544.jpg
 次にアジですが、昨年から好調をキープして1月からも順調でしたが、これは小湊、浜行川のみで、結果として釣り人が集中するという結果になってしまいました。4月に入ると釣れなくなり、アジシーズンが一旦終了しました。5月~6月に例年、ジンタ(小アジ)がたくさん発生するのですが、これがほとんど見られず、これが原因なのか7月のアジシーズンになっても全く釣れない状況が続きました。小湊、浜行川でさえも数匹の釣果しか得られず、群れが少ない状況が続いています。カゴ釣りの場合、濁りがない状況が基本なので海が荒れることが多かった8月から10月は深場に行ってしまい浅場に寄ってくることが少なかったようです。また、本来、勝浦、川津、興津は回遊するアジがほとんどなのですが、昨年から港にアジが入ってこない状況が続いて今年も不釣でした。原因としては海が荒れることが多かったこと磯場でアジの孵化ができなくて稚魚の発生が少なかったことと考えられます。外房のアジの沖釣りが成立しなかったことから、今年の最も釣れる冬シーズンも厳しいかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2018/11/13(火) 14:37:26|
  2. 釣り
  3. | コメント:0
<<2018.11.12 新しい仕掛けを試しに栗山川へ | ホーム | 2018.11.11 栗山川もセイゴシーズイン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

千葉県釣りの旅

Author:千葉県釣りの旅
最近釣りを始めたけれども、全く釣れないという人に、すこしでも参考になればと、ブログを始めました。釣れる釣りを目指して頑張りますのでよろしくお願いします。

 佐倉市在住、出身は横浜、釣り歴35年。未だに初心者のような釣りをしています。

最新記事

釣果報告

週末の釣果やお得な情報があったらコメントから送っていただくとありがたいです。また、質問、意見等もOKです。コメントは記事の最後の拍手をクリックして送れます。

最新コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

潮見表