千葉県釣りの旅

房総釣り場の紹介

2018.11.18 東京湾イシモチ釣り

 Y氏から再びお誘いがあり、東京湾のイシモチ釣りに一緒に行くことになりました。今回、利用する船宿は船橋港のつり滝。日曜とあって渋滞がなく自宅から45分で着いてしまいました。 早く来ていた釣り客は4人ほど。その方たちは乗船するとすぐに船の四隅に釣り座を取りました。その理由が後でわかったのですが、四隅は二本竿を出しても仕掛けが他の人と絡みにくいことからなのです。真ん中(胴)あたりで竿を二本出すと隣とからみやすく、キス釣りのように一本は遠くへ投げて、もう一本は竿下という形ができないイシモチ釣りは竿下一本の釣りが基本になります。 午前6時半過ぎに出発、横浜沖へ向かいます。約1時間かけてようやく釣り場に到着。釣り場はイシモチ釣りと思われる釣り船が集まっていました。仕掛けを投入しますが、最初、なかなかアタリがありません。ようやく釣れ始めますが、釣れるのは船の端ばかりです。釣り座を中胴にしたのを後悔しましたが、忘れたころにイシモチがヒットします。ただ、釣れてくるイシモチは大型が多いので、釣れれば嬉しいです。アタリは微妙にあるのですが、なかなかヒットしません。もしかしたらアジのせいかもしれません。9時半を過ぎたところで、まだ10匹ほどしか釣れません。端の方たちは倍くらい釣っています。10時くらいになると船の移動が頻繁になってきます。船が移動するとアタリが出てくるのですが、魚の群れが移動してしまうのかアタリがすぐなくなります。Y氏は最初、二本竿でやっていましたが、絡みが多いので途中から竿一本で勝負しています。それでも、さすがに沖釣りは先輩。数を上げていきます。正午を過ぎると釣れないのは自分の釣り方に問題があると考え、釣れている人をよく観察していました。すると、釣れている人はかなり竿を振って誘っています。また、釣れるイシモチは下針に掛かってきます。さらに錘より下に針が来ていることに気がつきました。自分の仕掛けは錘と下の針までの長さがあったので、これが原因と思い短くカットしました。さらにエサのアオイソメも元気でないと魚が食ってこないことがわかったので、新鮮な状態を保つように常に変えるようにしました。残り2時間でようやく人並みに釣れるようになりました。やっぱり船宿の仕掛けは釣れると思いました。また、エサとしてサンマの切り身をもって行きましたが、全く効果がありませんでした。釣果は最後に頑張ってイシモチ32匹、アジ5匹で終了しました。Y氏も頑張って42匹。大トモに陣取っていた方は3本竿でなんとイシモチ80匹、アジ20匹釣っていました。イシモチは30センチクラスがほとんどなので数が少なくてもクーラーいっぱいになります。午後2時終了。3時に帰港しました。もう一度トライしてみたいです。

今日は波がなく穏やかでした。
DSCF3688.jpg
浦安沖を通ります。
DSCF3689.jpg
Y氏も準備万端です。
DSCF3690.jpg
羽田沖では飛行機が離陸していきます。
DSCF3693.jpg
ここは川崎沖のようです。
DSCF3694.jpg
ここは横浜鶴見沖
DSCF3695.jpg
ようやく横浜です。ベイブリッジが見えます。
DSCF3696.jpg
エサの準備をします。エサはアオイソメ。
DSCF3697.jpg
ようやく来たイシモチはでかいです。
DSCF3698.jpg
Y氏は二本竿をやめて一本に集中。
DSCF3699.jpg
もう帰りです。
DSCF3700.jpg
船は古いですが、結構スペードは出ています。
DSCF3701.jpg
本日の釣果:イシモチ32匹、アジ5匹。でっかいカマスがヒットしましたが、上げるとき外れてしまいました。
DSCF3703.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/11/19(月) 11:21:29|
  2. 釣り
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

千葉県釣りの旅

Author:千葉県釣りの旅
最近釣りを始めたけれども、全く釣れないという人に、すこしでも参考になればと、ブログを始めました。釣れる釣りを目指して頑張りますのでよろしくお願いします。

 佐倉市在住、出身は横浜、釣り歴35年。未だに初心者のような釣りをしています。

最新記事

釣果報告

週末の釣果やお得な情報があったらコメントから送っていただくとありがたいです。また、質問、意見等もOKです。コメントは記事の最後の拍手をクリックして送れます。

最新コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

潮見表